審美治療

あなたの歯のお悩みにお応えします

  • 歯の形や色を美しくしたい → セラミック、ホワイトニング、PMTC
  • 銀歯を白い歯に直したい  → セラミック
  • 歯並びをきれいにしたい  → 矯正、セラミック
  • 失った歯を取り戻したい  → インプラント
  • 歯茎の変色を解消したい  → ガムブリーチ、セラミック

あなたの悩みに答えるための、選択肢としての審美素材。

オールセラミック

その名の通り、すべてセラミックからつくられた補綴物のことです。光を透過するため、補綴物の中でも最も高い透明感を持ちます。前歯の修復や歯並びを整えたいなど、見た目を重視した審美治療に大きな力を発揮します。
金属に比べて若干衝撃に弱いとはいえますが、金属アレルギーや歯茎の変色といった心配がありません。

ラミネートベニア

前歯の表面にきわめて薄いセラミックを貼り付ける治療法です。元の歯列や表情筋、咬み合わせなどを考慮して形や色、厚さを調整することで、理想的な歯並びにすることも可能なことから、歯列矯正の代わりとしてお選びになる方も増えています。

インレー

虫歯などで削った歯を埋めるための詰め物をインレーと呼びます。保険治療としては銀色の金属を使用するメタルインレーがありますが、金合金を使ったゴールドインレー、セラミックにプレスチックの樹脂(レジン)を混ぜたハイブリッドインレー、セラミック製のセラミックインレーなどもあります。これらは自費信用となってしまいますが、それぞれに見た目がよい、歯への負担が少ない、金属アレルギーのリスクがないなどといったメリットがあります。

ダイレクトボンディング

樹脂(レジン)を歯に盛りつけることで、歯を削る量は最小限に、自然な歯に近い色味を再現する治療法です。施術が1日で終わるのもメリットです。
薄くではありますが歯を削らなければならないラミネートベニアなどを行う前に、まずはダイレクトボンディングを試してみるというのもひとつの方法です。

ホワイトニング

薬剤を使って歯を漂白することで、高齢化や生活習慣、体質などによって歯についた変色を取り除く治療法です。クリニックでジェルを塗り短時間で効果を出す「オフィスホワイトニング」、専用のカスタムトレイを作製してご自宅で歯を白くしていく「ホームホワイトニング」、両方を併用することで短時間でより高い効果が得られる「デュアルホワイトニング」の3種類があります。

ガムブリーチ

メラニンの色素沈着により変色した歯茎を、元の色に戻す治療法です。レーザーを使ったやり方もあるのですが、当院では薬剤を使った痛みの少ない方法を用いています。歯茎にフェノールアルコールという薬剤を塗布するだけの、およそ5分程度で終了する手軽な施術です。

金属アレルギーについて

歯科治療に用いられる金属はいろいろありますが、長くお口の中に存在する内に金属イオンが徐々に溶け出し、体が反応してアレルギー症状を引き起こしてしまうことがあります。
一般的には、銀、ニッケル、クロム、コバルト、水銀、アルミニウム、亜鉛、パラジウム、ロジウムなどが歯科金属の中でもアレルギーを起こしやすいとされます。
治療法としてはそれらの金属をお口の中から取り除き、アレルギーを起こさない材料に変えるのが一番です。

歯を悪くすることは、実はあの全身疾患と大きく関係しています。

心臓の病気

お口の中の細菌が、血管を通って心臓の内膜に達することで炎症を起こす場合があります。特に、心臓の弁に障害があったり人工弁を入れていたりするなど、血流がスムーズでない方に多く起こります。

肺の病気

お口の中の細菌が、気管を通じて肺に入り込み、肺炎を誘発することがあります。
通常、気管には咽頭蓋というフタがあるため、異物が肺に入り込むことはありません。しかし高齢者の方など、この反射が低下していると細菌が入り込んでしまう場合があるのです。

糖尿病

お口の中の細菌が、血管に流れ込むことでインシュリンの働きを阻害する物質をつくり出すことがあります。インシュリンは、血糖中の糖の濃度をコントロールする役割があるため、糖尿病に悪い影響を与えてしまいます。

低体重児

歯周病原菌の中にある内毒素は、免疫担当細胞を刺激することでプロスタグランディンやTNFαという物質をつくります。これらは低体重児出産の原因のひとつとされています。

再発させない、信頼の根管治療をあなたに。

根管とは、歯の根にあたるところで血管や神経が通っている管を指します。途中で枝分かれしたり、合流したり、急激に曲がったりと人によってさまざまな形をしています。
虫歯がかなり進行してしまった結果、「歯の神経を取ります」と言われた、という話を聞いたことはないでしょうか? それがまさしく根管治療です。

虫歯は、歯髄に達すると炎症を起こします。すると最初は冷たいもの、甘いものがしみるという症状が出ますが、徐々に温かいものでもしみたり、何もしていないのにズキズキと痛んだりするようになってきます。
さらに放置すると歯髄に血行がなくなり、「死んだ」状態になります。すると、そこでは抵抗力がなくなるため、根管内は細菌の病巣となります。細菌や毒素がそこからとめどなく出て来ますので、少しでも残っていると何度でも再発するようになります。つまり根管治療とは、根管に巣くう細菌を完璧に根絶するための戦いといえます。

根管治療の目的

  • 根管内に存在する細菌や毒素を完全に除去する
  • 細菌のエサとなってしまう組織を完全に除去する
  • 再発のないよう封印し、根管内に新たな細菌が入らないようにする

審美治療症例

オールセラミッククラウン

ポーセレンラミネートベニア&オールセラミッククラウン
 
 

ポーセレンラミネートベニア

Case1
 
Case2
 
Case3
Case4
 
 

ポーセレンインレー

Case1
 
 

ダイレクトボンディング

Case1
 
Case2
 
Case3

ホワイトニング

Case1
 
Case2
 
Case3