よくある質問

インプラント

Q

インプラントが身体に悪影響を及ぼす可能性はありますか?

A

インプラントは、骨と結合する性質があり、人体との親和性が高いとされるチタンでつくられています。アレルギーが起こりにくく、身体への悪影響はないものと考えられます。

Q

インプラント治療の最中は、仮歯を付けることはできないのでしょうか?

A

手術したその日から、仮歯を付けることは可能です。ただ、刺激を避けるという観点から、抜糸後2週間程度経ってからの装着をおすすめします。

Q

インプラント治療中の食事はどうすればいいでしょうか?

A

手術後4~5日は固いものを避けた方がよいですが、歯肉が安定した後は通常と変わらず食べていただいてかまいません。

Q

インプラントはどのくらい維持できるものなのでしょうか?

A

しっかりとメンテナンスをしておけば、半永久的に機能します。逆にメンテナンスを怠ると、周囲の骨が痩せてしまうなどの問題が出てきます。

Q

インプラントの強度は問題ありませんか?

A

強度のあるものを使用しますので、自然の歯と変わらない強度を保ちます。万が一壊れてしまったとしても、つくり直しすることができます。

審美歯科

Q

ホワイトニングの効果を長く維持したいのですが……。

A

定期的なチェックで歯石などを取り除いてお口の中の健康を保つことで、効果を長持ちさせることが可能です。

Q

折れた前歯を自然な見た目にしたいのですが、どうすればいいですか?

A

いくつかの選択肢がありますが、もし歯髄まで折れてしまっているようであれば、オールセラミックスクラウンがおすすめです。

Q

詰め物、かぶせものを白くすることはできますか?

A

人工物をホワイトニングすることはできません。新しい色に合わせて再治療を検討してみてください。

Q

歯の神経を取った後、変色してきました。白くできますか?

A

ホワイトニングで可能かもしれません。場合によってはセラミッククラウンを被せる必要が出てきます。

Q

昔に治療した歯が変色してきたので白くできますか?

A

保険によるプラスチックの差し歯の場合、水分を吸収することで変色しやすくなります。自費治療のセラミッククラウンであれば変色することはありませんのでご検討してみてください。

Q

きれいになった見た目は、ずっと維持できますか?

A

毎日のお手入れと定期的なクリニックでの予防治療によって、白い歯をいつまでも持続させることは可能です。患者さまに応じた予防プログラムをおつくりいたします。